あのスタジオ・フェイスが!

あのスタジオ・フェイス!

当時、スタジオ・フェイスと言えば誰もが通ったのではと思うようなダンススタジオです。自分は、スタジオでダンスを習うという事はなかったのですが、それでも浦安でほかにダンスをやっていた人達は通っていました。そして先生達に憧れていました。すごいスタジオなのです。

ある日、大先輩のHIROさん(DANDY5)から連絡がありました。目黒かどこかでショーを踊った後の打ち上げの時でした。その時に本当に衝撃的な話が舞い降りました。

浦安にスタジオ・フェイスを作りたい。先生として入ってくれないか?

というお話でした。 本当に驚いたのを覚えています。まずは浦安にフェイスが来るという奇跡、そしてフェイスの講師として自分が入るという事です。何がなんだかわかりませんでしたが嬉しかったのは覚えています。そして、次の週には宮田さんがBIGMAMAにきました。あの宮田さんがBIGMAMAです。何がなんだかわかりません。自分はいつか浦安にダンススタジオを作りたいと思っていました。それは地元に対する貢献をしたかったからです。が、名門フェイスがくるなら!と、自分の夢をフェイスにかけたのを覚えています。最初はレンタルスタジオを借りてやっていました。花園スタジオです。その時の先生は、宮田さん、HIROさん、ERICAさん、自分でした。全員で金庫を渡しながら動かしていたのが懐かしいです。この幸せな感じが急転します。なんと、花園のスタジオが撤退するという話でした。1か月無い位の急な話でした。浦安フェイスがなくなるか、自分がオーナーになるか迫られたのは2週間前でした。

浦安に伝統を残したい!フェイスという伝統と花園スタジオという伝統です。

一心で、お金を借りに行きました。なんと、この時仲間から音響設備を譲り受けていました。仲間が鏡屋で働いていました。仲間が寝ずにスタジオをきれいにしてくれました。仲間がレッスンをしてくれました。自分は何もしていないに等しいです。ちなみに、後から聞いて話ですが、宮田さんに自分を推薦してくれたのもまた仲間でした。

今でも自分は仲間に対して付き合いが悪い。

事実ですがみんなが助けてくれます。恩返しをするには自分が出来る事を思い、自分は浦安に本来あるべき形でストリートダンスが継承されるように頑張っています。これからもできる限りの力を使い素晴らしい物を素晴らしいまま残すことに邁進します。

一つ不思議な事があります。

なぜ浦安にこんな素晴らしい先生がいるのに受けない人がいるのかという事です。知らないのだとしたら自分の宣伝不足です。本当に素晴らしい先生が浦安でレッスンをしてくれています。近くにこんなにダンスを愛していて、こんなにダンスに詳しく、素晴らしい技術を持った方が、浦安にレッスンに来てくれているのに受けない理由が自分には未だに理解できません。
上手くなりたい方は、一度は受けたほうが良いと思います。
これは声を大にして言いたいです。
素晴らしいダンサーを接する事が、上手くなる一番の早道です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP