浦安道端文化祭2019を終えて。

2019年12月1日 浦安道端文化祭が開催されました。

まず、ご来場の皆様、関係者、イベント実行にあたりお力添えいただいた方全員、本当にありがとうございました。
今年も素晴らしいイベントになったと思っています。反省点に付きましては相も変わらず多く有り日々勉強ではありますが、まずは楽しかったことについてお話させて頂きたく思います。前回は浦安ダンスサミットと称し、道端文化祭とウラヤスストリートダンスフェスタを同時開催させて頂きました。
今年は、外のみの開催となりグレードダウン感が出てしまうかと危惧した部分もありますが、一つの場所に集まった一体感はとても感慨深いというか、何か大切な物を感じました。来年はどちらでやるか等、今は考えてはいない状態ですが・・・ 一つの場所に集まり笑顔を交わす素晴らしさと考えると一つの場所の良さを自分は選びたいかなぁと思っております。

今回は、ヒップホップやロックダンスのWSを開催、皆が楽しそうに踊っています!

浦安市長杯ダンスコンテストは・・・・

MINTTEが優勝し、今年の浦安NO1を手にしました。

ちなみに#浦安ダンスの輪プロジェクトも実施中!

unnamed

自分の話で申し訳ないですが、地区対抗バトルというかなりなエンジョイバトルがあるのですが、毎年北栄代表として出させて頂いております。
今年は、
スタジオフェイス浦安校を立ち上げるにあたり棟梁の役割を果たしてくれた バッシー
ビックママのオーナーであり、バトル初出場の自分の実姉 かずこ
生まれた頃から、スタジオフェイスで自分達のダンスセッションを見続けた なおき
自分
という4人チームでの参戦! 昨年は準優勝だったので今年こそは優勝と思っていましたが、なおきが出る事により完全に見守るスタイルに変更!!!!
かと、思いきやワンムーブから、かましまくる なおき
もう全員がなおきに夢中です。

あ! なおきは 4歳です。


この投稿をInstagramで見る

浦安道端文化祭、地区対抗バトル 浦安北栄で、登場した英雄! 素晴らしい!

Yuichiro Kitagawa(@yuichirokitagawa)がシェアした投稿 –

なおきを勝たせたいあまりエンジョイバトルなのにしっかり踊り始める俺!
決勝まで進出し、優勝まであと一歩!

1回戦で 1ムーブ 2回戦で2ムーブしているなおき
「まだいける?」の一言に大きく頷きいきなりガンガン出ていきます。

決勝の2ムーブ目は、なおきが「マックスで行く」と言いながら出ていく姿に幸せ感を感じました。 結果は準優勝でしたがなおきの充実した表情をみた自分はお腹いっぱいです。 優勝の東中野チームおめでとうございます。エンジョイバトルに参加して頂き本当にありがとうございました!
来年までに、また小さな新しい勇者を育てていきたいと思っています。

最後に様々なイベントがある現在でも稀にみる子供たちの笑顔を自分は思っています。真剣にやっているダンスなのですが、なんというか皆が平等に楽しめるシーンを目指し今後も企画 運営をしていこうと真に考えます。
このようなエンジョイダンスだからこそ、本当に素晴らしいジャッジのお三方に参加して頂きました。

TETSUYA(CO-IN LOCKERS)
O-TOMO(UNERI+Hermit)
小幸(TOKYO WAACKING SENSATION) 本当にありがとうございました!

これは確実に持論ですが、ダンスを真剣にずっと続けて来た人達が一番ダンスを優しく見てくれる気がします。大きな愛と余裕感があるというか、そしてもちろん審査を見る目も確かですよね。今後もコンテストをする時には間違いない方々をお呼びしたいと思っています。

今後も浦安で、長年ダンスに真剣に関わってきたからこそ出来るイベントを皆さんの楽しめる状態で出来るように頑張っていきたいと思っています。
是非、今後もお力添えいただければと思います。

最後に・・・

※ この前自分のレッスンに来たなおき「俺が最後に踊らないと勝てないな」と言っていました。
決勝、最後に踊ったのは・・・・ 自分です。
ごめん。 なおき・・・・

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP